任意売却エージェント.comは、住宅ローンの返済でお悩みの方のための無料相談窓口。滞納中、競売開始決定済みの方、最適な解決法をご提案します。

0120-693-728

任意売却の無料相談、任意売却エージェント.comお問い合わせ

無料任意売却相談受付中 > 原田様(仮名)の詳細事例

原田様(仮名)の詳細事例

相続放棄ができずに

名前 原田様(仮名) エリア 神奈川県川崎市
職業 スーパーでのパート 種類 一戸建て
年齢 47歳 ローン残高 約2,000万円
家族 妻・お子様2人 査定価格 1,200万円

身内が私と父しかおらずそんな父が昨年他界をしました。役所の手続きが終われば相続が終わるものだと勘違いをしていました。突然、金融機関から父宛ての督促状が届き何が何だか分からなくなりました。金融機関に電話して聞いてみると、「父の相続手続きがされていない」「このままでは競売にかける」という回答でした。金融機関にあわてて言われるままの書類を用意して提出したところ私が相続をしなければならないことが判明しました。私にはとても払える金額のローンではありませんでした。残ったローンは今まで父の口座から支払われていましたが、残高がなくなり今回の件が発覚しました。役所の無料法律相談などに出向き、任意売却制度を知りました。

詳細事例

亡くなった父の督促状が金融機関から届きました。役所に死亡届を出せば相続登記は終了しているものだと勘違いをしていました。相続を放棄することもできず、住宅ローンという多額の借金を私一人で背負うことになりました。パートタイマーの私のは払いきれるものではありません。住む家がちゃんとあると思っていた家は住みつづけることができない家になり、どうしていいかわからない時に任意売却制度を知り、「任意売却エージェント」さんを知りました。

解決にあたり一番大事にしたこと

①何もわからないのでわかりやすく説明してもらいたい。

「再建築不可」という言葉を初めて耳にしました。父が建てた家が当時の法律では建築できたが、現在の法律では建築できない土地であるという説明を聞いた時はビックリしました。また、私たちが気付かなかった雨漏りやシロアリなどもありました。このままではどうしたらいいのか全く分からず、書類をすべて確認していただき、任意売却以外の事までサポートいただきました。再建築できない土地はインターネットでは売れないと書いてあり不安になりましたが、相談員の方寄り添って相談にのってくれました。司法書士の先生に頼まなくてもなんとか相続手続きができました。

②引っ越し先も何とかしたい。

身寄りのないのと、収入が少ない私は公営住宅入居することを希望しました。しかし、どのように探したらいいのかわからなかったので、探していただきました。無事に県営住宅に引っ越しができました。また、引っ越し屋さんの手配までやっていただき本当に助かりました。

担当相談員より

今回のケースでは相続放棄を認めてもらえるケースがあると認識をしていましたが、同居を理由に認められなかったのは行政の理なのかもしれません。金融機関冷たいようですが、相続人に請求するのは致し方がないのかもしれません。再建築不可の物件では競売になったとして値段がいくらになるのか見通せない部分もあり経験と勘で金融機関と交渉を続けました。

すべて終えて 原田様の感想

セカンドオピニオンサービスで弁護士の先生を紹介していただき誠にありがとうございました。弁護士の先生が金融機関と交渉をしてくださり、残債務の放棄をしてくださいました。相続登記をしなければならない、相続というものが私たちには身近でなく何もわからない私には地獄の毎日でしたが、本当に助けていただきました。

任意売却解決お問い合わせ先

Copyright © 2017 任意売却エージェント.com All Rights Reserved. 東京都台東区上野2丁目12番18号 03-4590-0249