任意売却エージェント.comは、住宅ローンの返済でお悩みの方のための無料相談窓口。滞納中、競売開始決定済みの方、最適な解決法をご提案します。

0120-693-728

任意売却の無料相談、任意売却エージェント.comお問い合わせ

無料任意売却相談受付中 > 任意売却した後、生活はどうなる?

任意売却した後、生活はどうなる?

相談者の生活はどうなる

任意売却後の疑問にお答えします。

①引っ越し先の賃貸住宅での居住はそのままできます。

賃貸住宅の入居審査はクレジットカードなどの審査と違います。また、保証会社などを使う場合でも、過去に保証会社とトラブルを起こしていない限り大丈夫です。
最近はクレジットカードを作成しないと入居できないとか、クレジットカードから家賃を引き落とす方法などもありますのでご注意ください。
また、任意売却後に破産をする場合でも問題はありません。詳しくは、担当相談員にお問い合わせください。

②家財道具もそのまま利用いただけます。

家財道具は、相談者様のものであるならば問題なく使用できますのでご安心ください。任意売却の不動産売買契約書の特約等で、エアコンを置いていくなど取り決めがある場合は取り決め通りにしてください。
また、任意売却後破産される場合は、弁護士にご確認ください。
一般論でいえば、自由財産の範疇に入りますので、そのまま使用することができます。

③残ったローンは無理なく少額ずつ払うことになります。

残ったローンを残債といいます。残ったローンは抵当権者からサービサーに譲渡されるのが一般的です。債権放棄される抵当権者もいます。
一般的には5,000円~20,000円の範囲で払っていくのが一般的です。また、残ったローンは大幅に圧縮(残高を少なく)する場合も見受けられます。
任意売却エージェント.comでは任意売却終了後もサポートしますのでご安心ください。

④自己破産をにて借金をなくすことができます。

任意売却をして引っ越し代を確保後、自己破産をして残ったローンや他の借金をなくすことができます。ただし、税金は破産をしても免責を受けることができません。
破産を視野に入れている場合は、任意売却を完了させてから破産をするのがスムーズです。
督促などがある場合は、破産を申し立てする弁護士と協議のうえ、介入通知を発送してもらってから任意売却を完了させた後、破産の手続きに入ります。

⑤手続き終了後、5年から7年でローンを組むことも可能です。

任意売却をするということは個人信用情報機関にネガティブな情報として登録されてしまします。再起する際にネガティブ情報は足かせになってしまいます。
ローンを滞納したまま競売になり残債がそのままになっていると個人信用情報にネガティブな情報がひたすら記載されます。
任意売却で一端を区切りをつけることにより、ネガティブな情報をできるだけ早く消すことができます。ただ、最低でも5年かかります。また、信用情報を書き換えることはできません。

ブラック仕組み

任意売却の相談は私たちにご相談ください。

相談員のあいさつ
任意売却解決お問い合わせ先

Copyright © 2017 任意売却エージェント.com All Rights Reserved. 東京都台東区上野2丁目12番18号 03-4590-0249