任意売却エージェント.comは、住宅ローンの返済でお悩みの方のための無料相談窓口。滞納中、競売開始決定済みの方、最適な解決法をご提案します。

0120-693-728

任意売却の無料相談、任意売却エージェント.comお問い合わせ

無料任意売却相談受付中 > 離婚する際に任意売却は本当に必要?

離婚する際に任意売却は本当に必要?

ここ最近多い相談事例です。

事例:高橋(仮名)夫妻は10年前に5000万円のマンションを購入しました。夫婦共有名義(50%持ち分名義)で購入されました。しかし、夫婦生活が破綻し、離婚することを決定しました。

現在の残債は4200万円です。査定サイトでマンションの査定をしてもらうと3800万円とのこと。高く見ても4000万円で売れれば奇跡に近いとの話でした。インターネットで「離婚 不動産」などについて調べていると離婚による任意売却を見つけました。任意売却サイトに電話をして相談をしてみると、任意売却を勧められました。また、法律無料相談等へ行っても婚姻後の財産は借金も財産、基本共有すると説明を受けました。

解決案:夫婦で預貯金が400万円近くあるなら売却してマイナスになった分を穴埋めする。

(電話で相談した任意売却の業者は預貯金の確認もなく任意売却を速やかに行うことを勧めたそうです)

解決案:奥さまかご主人が住み続けたい場合はローンの借り換えと名義変更をする。

(本件についても提案されましたが、不動産会社が仲介しないとダメと言われた・金融機関によっては不動産仲介が必要になる場合があります。)

解決案:ができない場合はお互いがローンを払い続けてどちらかが払う。ローンの支払いを寄せる場合はいったんローンの支払い引き落としを確認後寄せた相手方に支払う。

(離婚しても住宅ローンで縛られます。今回のケースの場合、離婚後25年になります。お子さんがいる場合は連絡を取る場合もあるので一つの方法です)

このようにいくつかの方法があります。では、任意売却にしてしまった場合のデメリットをここでご説明します。

  1. クレジットカードが使えなくなる可能性
  2. 次のローンが組づらくなる可能性

このような可能性もあります。

解決案は本件の場合はになりました。繰り上げ返済をなるべくして少しでもローンを減らすという事で合意しました。

任意売却解決お問い合わせ先

Copyright © 2017 任意売却エージェント.com All Rights Reserved. 東京都台東区上野2丁目12番18号 03-4590-0249